自身に合ったプランの選択

月額料金を安くするためには、まず自身がどういった使い方をしているのかを見極め、正しいプランを契約しているか確認しなければなりません。極端に言えば、仕事などで沢山電話をする人が無料通話が付いていなかったりカケ放題ではないプランを選んでいれば損になりますよね。携帯電話回線でインターネットをかなり利用する人が2GBプランにしていたら、追加購入代金がかなりかかってしまいます。このように、自身がスマホをどういった使い方をしているか、よく理解しておく必要があります。
去年、携帯電話会社がカケ放題を打ち出し、更に今まで一律だったインターネットの定額料が2GB・5GBと選べるようになりました。
では、旧プランと新プランとを比較してみましょう。旧プランは、通話プランが934円で無料通話はなく30秒20円が上乗せ、インターネットは5700円で7GB使えました。新プランは2700円でカケ放題のため国際電話・衛星電話などの特別な電話番号にかけない限り無料で電話が出来、インターネットは3500円で2GB・5000円で5GBとなっており、他に各携帯会社によってはシェアパックがあったり他3GBや8GBを用意している所もあります。
今回は各会社の共通している所のみをピックアップし、安く利用するための説明をしたいと思います。
まず、通話するかしないかで考えます。頻繁に通話をする方であれば、間違いなくカケ放題プラン。そして、インターネット利用頻度を考え、無線環境の有り無しなどで2GBか5GBを選べばいいかと思います。次に、通話をしない方でインターネット重視であれば、旧プランの934円+5700円のプランがベーシックです。インターネット1GBあたりの料金を計算してみると5700円7GB利用が1GBあたりの金額も安くしっかり利用が出来ます。では、通話もあまり・インターネットは基本無線環境で使うのでそんなに利用しないという方の場合、これは基礎料金が高いものなので、え?と思われがちですが、カケ放題プラン+2GBでの利用がオススメ出来るかと思います。旧プランの合計が6634円に対し、先程のプランであれば6200円と僅かですが安くなる上、インターネットが確実に2GBでおさまるのであれば、何かで通話した時にカケ放題のため上乗せ金額がかからずに済むからです。旧プランであれば、7GBを余らせて勿体ない上に通話料がかかってしまうので、全体的に使わない方にはカケ放題+2GBが良いと言えるでしょう。
以上を踏まえ、今自身が使っているプランが本当にあっているのかを確認し見直すだけで、もしかしたら僅かかもしれませんが安く、そして塵も積もればと言いますから年間で考えた時に大きな差額となって現れるかもしれません。是非1番、今のプランと利用明細を確かめてみてはいかかでしょうか。